住宅ローン借り換え同じ銀行の方がお得になる裏ワザな話

*

住宅ローンの借り換えとは?メリット・デメリットは何?

   

住宅ローンの借り換えとは、マイホームを購入する際に、銀行で借りる融資金額によって、お得なローンが異なります。
そのため、どこの銀行で借りると一番得をするかということは、一概に決めることはできません。
また。住宅ローンは、返済が長期に及びますので、将来の金利の変動や自分の収入の変化によるリスクを現時点では、予想することが非常に困難です。
ローンを組んだ時点で、最適な商品だと思っていても、時間の経過や状況の変化により、最適な商品は変化していくこともありますので、その時に住宅ローンの借り換えをして、将来少しでもローンの支払う総額を減らすそうとすることが、住宅ローンの借り換えなのです。
現在なぜ、住宅ローンの借り換えが必要な時期かというと、安倍政権に代わり、アベノミクスと言われる金融政策が実施されていますので、今後、金利が上昇する可能性が非常に高くなると予測されます。
長期的に銀行の金利が上昇すると、借り換えのメリットが無くなってしまいます。
今のところ、長期金利や変動金利は、両方とも、非常に低い水準で、推移していますので、住宅ローンに関する出費を数百万単位で減らすことが出来るチャンスなのです。
具体的に住宅ローンの借り換えをして、どれ位お金を浮かせることが出来るかというと以下の通りです。
例えば、2000万円を20年間で返済する場合、現在の銀行の年率が2%の場合、毎月返済額が84,770円です。
年率0.6%の銀行に借り換えた場合の毎月返済額は、718,00円になり、月々12,962円の差額が出ます。
年間で、155,544円となり、返済年数が残り17年の場合、2,644,248円も借り換えをしただけで、お得になります。借り換え時の銀行への事務手数料3万円から5万円くらいを引いても、かなりお得なローンになります。

 - 未分類